未分類

中古の2tトラックの種類と新車とのコストの違いとは?

2tトラックの特徴と一般的な用途

2tトラックは、「小型トラック」に分類され、最大積載量が2t以上3t未満のトラックです。仕事用または私用兼用で使われることが多く、卸小売業や運輸業、建設業、製造業、農業など様々な分野で用いられています。街中では、単身・少人数での引っ越しや郵便局・運送会社のトラック、コンビニの配送トラックなどで見かけることが多いトラックです。

2tトラック運転は道路交通法の改正により、2017年3月12日以前に普通免許を取得した人は全て運転可能ですが、2017年3月12日以降に普通免許取得した人はほとんどの車種で準中型自動車免許(5t限定)以上が必要になりました。(一部車両総重量が3.5t未満の軽トラックなどは利用可能)

2tトラックのサイズと積むことができる荷物の量

2tトラックは、ボディサイズにより大きく「ショート」「ロング」タイプに分けられます。ボディ(荷台)の形状は、四角い皿型の平ボディ、箱型のアルミバンが代表的です。平ボディは上部分が開いているため、材木や農作物といったランダムな形のものを運ぶのに適しています。アルミバンは荷物が濡れないため、引っ越しや配送作業で用いられます。

車両の外寸・内寸はメーカーや車両ごとで少しずつ違いますが、おおよそ以下のようになっています。

ボディ形状 内寸 積むことができる荷の目安
平ボディ (ショート) 長さ:308 cm 幅:160 cm 高さ: 38cm 単身者の家財道具(大型家具家電なし)
平ボディ (ロング) 長さ:435 cm 幅:179 cm 高さ:38 cm 単身者の家財道具
アルミバン (ショート) 長さ:310 cm 幅:174 cm 高さ:175 cm 2~3人家族の家財道具
アルミバン (ロング) 長さ:445 cm 幅:205 cm 高さ:204 cm ベッド含む2~3人家族の家財道具

2tトラックの代表的な車種と選び方

2トントラックの主要なメーカー、車種には、以下のようなものがあります。ほかにも、アトラス(日産自動車)、タイタン(マツダ)、カゼット(UDトラックス)などが有名です。 

車種 型式 最大積載量 内寸
デュトロ (日野自動車) TKG-XZU605M 2トン 長さ:307 cm 幅:160 cm 高さ:38 cm
エルフ (いすゞ自動車) KK-NKR66EA 2トン 長さ:311 cm 幅:164 cm 高さ:154 cm(幌付きの場合)
キャンター (三菱ふそう) TKG-FDA20 2トン 長さ:311 cm 幅:161 cm 高さ:37 cm
ダイナ (トヨタ自動車) TKG-XZC605 2トン 長さ:308 cm 幅:160 cm 高さ:38 cm

※トラッカーズで取扱のある標準ボディ(ショートタイプ)の平ボディトラックの最大積載量、内寸を参考値として記載(車両ごと値は異なるためおおよその参考値として参照ください)

新車と中古での必要資金の違い

2tトラック(平ボディショート)の新モデルを新車で買う場合、メーカー希望小売価格は500万円程度です。これに対し、中古トラックは、年式等によりますが半額程度の価格で本体を購入できます。

  新車(希望小売価格) 中古トラック(本体価格)
ダイナ (トヨタ自動車) 4,747,680円 (2019年5月7日発売) 68~238万円程度
エルフ (いすゞ自動車) 5,382,720円 (2019年3月12日発売) 118~355万円程度

※いずれも最大積載量2t・平ボディ・ショート・2ドア。駆動方式はダイナ2WD、エルフ4WD。価格は税込(10%)

新車と中古トラックの維持費の違い

次に、2tトラックの新車と中古トラックの維持費を、自動車税・自動車重量税・自賠責保険料・車検費用をもとに比較します。自動車税と自賠責保険料は、新車も中古トラックも同じ額のため、金額の差は自動車重量税と車検費用によって決まります。車の状態によって正確な金額に幅が出ますが、年間10~30万円ほど中古トラックの方が高いと考えると良いでしょう。

  支払先 いつ 基準 エコカー減税
(1)自動車税 都道府県 毎年 最大積載量
(2)自動車重量税 車検 車両総重量 適用
(3)自賠責保険料 損保会社等 車検 最大積載量 +分類番号
(4)車検費用 【法定費用】(2)+(3)+手数料(1,700円) 【車検整備費用】5万円程度。ディーラーによって異なる

※2tトラックの車検の有効期限は初回2年・継続1年

自動車重量税と車検整備費用は、中古トラックの方が高いことが多いです。重量税は車種によってはエコカー減税が適用されるため、新車と比較し基準未達成の車は税金が高くなります。さらに、新規登録から13年、18年が経過している車は、さらに税金が加算されます。

車検整備費用は、個々の車の状態によりますが、中古トラックの方が、修理箇所が多く部品交換などがあると車検ごとに5~50万価格が高い傾向にあります。ただし、車検の残っている中古トラックを購入した場合は、次の車検まで重量税・自賠責保険料・車検費用が免除になるため、初期費用は新車より安く済むことがあります。

自動車重量税

自動車重量税は、車両総重量を基準に課税されます。ここでは2tトラックに多い4t超5t以下、5t超6t以下について記載します。新車を購入すると燃費性能に応じてエコカー減税が適応され25~100%の税金を押さえることができます。

車両総重量 4t超5t以下 5t超6t以下
2年自家用 41,000円 49,200円
2年営業用 26,000円 31,200円
1年自家用
(13年経過)
(18年経過)
20,500円
28,500円
31,500円
24,600円
34,200円
37,800円
1年営業用
(13年経過)
(18年経過)
13,000円
13,500円
14,000円
15,600円
16,200円
16,800円

※エコカー軽減なしの税率。新車はさらに燃費性能や排ガス基準達成で負担が少なくなる

まとめ

2tトラックは、最大積載量2t以上3t未満の小型トラックです。多くは仕事用に使われ、積載量の多さとコンパクトさから、配送、引っ越し、農工具の運搬など幅広い用途をもっています。購入を検討する際には、本体価格および年間維持費(10~30万円程度)などの負担を総合的に判断すると良いでしょう。

2tの中古トラックの在庫確認はこちら↓↓

【2tの中古トラック一覧(トラッカーズ)】

中古トラックの諸費用と関東で購入する際の注意点 | トラッカーズマガジン

一般的な中古トラック購入の流れ

  1. 希望のトラックの現車確認後、購入契約
  2. 納車前点検整備
  3. トラックの法定手続き(名義変更・増車手続き等)
  4. 納車

中古トラックの購入から納車の大まかな流れは上記のとおりですが、購入した車検の有効期間内か、一時抹消登録されたトラックかで、納車までに必要な手続きが異なります。車検切れや一時抹消登録されたトラックは、再度車検を通す、中古新規登録を行う等の手続きが必要だからです。

続きを読む

人が運べない荷の運搬を担うユニック車とは?| トラッカーズマガジン

ユニック車とは

ユニック車とは、クレーン付きトラックの総称です。ユニックという名称は、トラックメーカー・古河ユニックのクレーン付きトラック登録商標がクレーン付きトラック全体を意味する言葉として一般化したことが由来となっています。ユニック車に搭載されているクレーンの“竿”部分は「ブーム」、実際に荷物を取り付ける部分を「フック」と呼びます。ユニック車は、クレーンを使って建築資材や業務用機器などの重量物の積み下ろし・運搬を行うトラックです。

続きを読む

運送業で最も利用が多いトラックウィング車(アルミウィング)の積載に関する注意点 | トラッカーズマガジン

ウィング車(アルミウィング)の特徴

ウィング車(アルミウィング)とは、ボディ(荷台)部分をアルミパネルで囲い、ウィングと呼ばれる側面のアルミパネルが左右に跳ね上がる機構を装備したトラックです。ウィング車(アルミウィング)は、フォークリフトを使った効率的な積荷の積み下ろしが可能なため運送業界で多く利用されています。ウィング車(アルミウィング)では、食料品、飲料類、機械部品、建築資材、フレキシブルコンテナバッグなど多種多様な積荷を運搬します。

続きを読む

土砂・石材・廃棄物等の運搬で大活躍!ダンプカーの基本情報を徹底解説| トラッカーズマガジン

ダンプカーって、どんなトラック?

ダンプカーとは、自動で荷台を傾け、積荷を一気に降ろすための装置を備えているトラックです。
 ダンプカーを漠然と「大きなトラック」と考えている人もいますが、大きな荷台を備えたトラックの全てがダンプカーに該当するわけではありません。ダンプカーのダンプとは、「投げ落とす」という意味をもつ英語の「dump」に由来し、積荷を下ろす機構をもつトラックをダンプカーと呼んでいます。大量の土砂や砂利、産業廃棄物を簡単に下ろすことができる利便性の高さから、ダンプカーは建設や土木業界、運送業界などを中心に、幅広い用途で使用されています。

続きを読む

効率的な冷凍品の輸送ができる冷凍ウィングとは? | トラッカーズマガジン

冷凍ウィングとは

冷凍ウィングとは、トラックのボディ(荷台)部分をアルミパネルで囲い、ウィングと呼ばれる側面のアルミパネルが左右に跳ね上がる機構と冷却機能が付いたトラックです。冷凍ウィングは、ボディ(荷台)内の温度を-5℃から-20℃前後まで保つ冷却機能を持ち、且つフォークリフトを使った効率的な荷の積み下ろしができることが特徴です。

続きを読む

運送業で多く利用される4トンのウィング車を紹介 | トラッカーズマガジン

4トンウィングとは

4トンウィングとは、ボディ(荷台)部分をアルミパネルで囲い、ウィングと呼ばれる側面のアルミパネルが左右に跳ね上がる機構を装備し、最大積載量がおおよそ2.2~3.7トンの中型トラックです。
4トンウィングは必ず4トンの荷が積めるトラックではなく、ボディ(荷台)部分の重さにより、積める荷の重さが変わります。このように車両に積載できる荷の最大重量を表した指標が最大積載量と呼ばれ、車両ごとに以下の式で算出されます。

続きを読む

アルミバントラックとは?必要な免許や運転する上での注意点を徹底解説 | トラッカーズマガジン

アルミバントラックって、どんなトラック?

 「街中でよく見かけるトラックは?」と聞かれたら、多くの人が、車体の後部にコンテナ型の荷台を備えたトラックをイメージするのではないでしょうか?それこそが今回ご紹介するアルミバントラックです。

 アルミバントラックは、荷台にアルミ製の箱を装備した車両です。箱型の部屋のような構造をもつアルミバントラックの荷台には、車体重量をできるだけ軽くし、より多くの荷物を運べるよう、軽量のアルミ素材が採用されています。また、アルミの強度不足を補うため、多くのアルミバントラックの荷台側面の板には、波型(アルミコルゲート)の加工が施されています。

 雨や直射日光、粉塵などから荷物を守れることに加え、走行中の落下防止、梱包の簡素化など、様々なメリットから運搬業や宅配業、引越業などの幅広い分野で使用されています。

続きを読む

車の運搬ができるセルフローダーとは? | トラッカーズマガジン

セルフローダーとは

セルフローダーは、運転席後部のジャッキと呼ばれる車体を傾ける機構を装備し、ボディ(荷台)部分に車両や建設用重機などを積み、輸送できるようにした車両運搬車です。
セルフローダーという名称は、建設機械メーカーである株式会社タダノの車両名が一般名詞として定着したもので、別名キャリアカーとも呼ばれます。

続きを読む