オイルエレメントの3つの種類!選び方や交換・処分方法まで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


オイルエレメントの種類は大きくフルフロー型・バイパス併用型・コンビネーション型の3つに分かれます。製品を選ぶ際は純正品か社外品か、求めている性能を満たしているかという基準で選ぶとよいでしょう。そこで今回は、オイルエレメントの種類や選び方、交換方法、処理方法などを解説します。

オイルエレメント(フィルター)の種類


オイルエレメントはエンジンオイルの汚れを取り除く機能を持つ部品です。オイルエレメントがなければエンジンオイルがどんどん汚くなり、エンジンの寿命を縮めてしまいます。

多くの車で使われているものが、最もシンプルな仕組みを持つフルフロー型でしょう。フルフロー型から進化し、よりろ過性能や作業効率をアップさせたタイプがバイパス併用型やコンビネーション型です。

ここではオイルエレメントの種類について詳しく解説します。

フルフロー型

フルフロータイプはオイルパンに汚れたエンジンオイルを溜め、ストレーナーを使って吸い上げ、フィルターでろ過する仕組みを採用しています。

ろ過の効率性に優れており、一般的なガソリン車に多く導入されているタイプです。外装ごと交換するカートリッジ型と、エレメントだけ替えるリプレイス型の2つに分かれます。

厳密にはエレメントはろ過紙であり、車の部品の一部を成すオイルフィルターとは異なります。交換の際は両者を混同してしまわぬよう、何が必要か明確にしておきましょう。

バイパス併用型

フルフローに加えて、より細かな汚れを吸着できるバイパスフィルターを兼ね備えた構造のオイルエレメントです。

エンジンオイルはフルフロータイプと同様、オイルパンに溜めた後にオイルストレーナーで吸い上げます。その後、目が細かいバイパスフィルターを通過することで、フルフロー型では取り切れない微粒子まで吸着可能です。

強力な吸着力を有する反面、ろ過の過程に時間を要するのがデメリットだといえます。軽油を用いるディーゼル車で使用されることが多いです。

コンビネーション型

1つのカートリッジにフルフロー型とバイパス型、双方のフィルターが備わった特殊な構造のオイルエレメントです。

フルフローエレメントとバイパスエレメントそれぞれで規定のろ過率を確保するために油圧差を設けています。

コンビネーション型はろ過の負担が一方に偏らないため、バランス良く処理を進められます。また、内部構造は複雑ですが、幅は取らず、ディーゼル車でも導入しやすい構造です。

オイルエレメント(フィルター)の選び方


オイルエレメントの交換では作業が上手くいくかという部分に意識が向きがちかもしれません。実はどんなエレメントを選ぶかどうかも重要な要素です。

基本的には純正品を選んでおけば外す恐れはないですが、より高機能を求めるなら社外品を選んだほうがよいでしょう。ここではオイルエレメントの選び方について詳しく解説します。

純正品と社外品のどちらを選ぶか決める

オイルエレメントには元々車に付属されていた純正品と、社外品が存在します。社外品は純正品より安価なものと、反対に純正品の品質を高めたバージョンの2種類があります。

一概にどちらがよいと言い切るのは難しいですが、平均して純正品の方が価格と性能にバランスが取れた製品が多いです。

オイルフィルターは定期的な交換が必須なもののため、品質が良すぎる社外品を導入するとメンテナンス費用が高額になりがちです。

求めている性能で選ぶ

「金属片を一つ残らず除去したい」「細かなゴミまで吸い取りたい」など、求めている性能によってエレメントを選ぶ方法もあります。特定の機能に特化したエレメントを紹介するので、製品選びの参考にどうぞ。

鉄粉の吸いつき

マグネット付きのオイルエレメントを使えば、金属片をはじめ、流れ込む鉄粉を引き寄せられます。フィルターを通り抜けてしまうようなマイクロサイズの鉄粉もキャッチできるのが魅力です。

この分、通常のフィルターと比べてより多くの不純物を取り除くことが可能です。フィルターとしての機能が向上した反面、交換頻度が増えることに注意してください。通常のフィルターと比較してエレメントの値段が上がりやすいことも知っておきましょう。

ろ過性能

ろ過性能が大きいエレメントとは、対応しているミクロン数の値が小さい製品です。エンジンはミクロン級の小さな不純物でも性能が劣化していきます。

オイルエレメントは「ろ過精度50ミクロン」というような表記がなされています。ろ過性能にこだわりたい人は、この数値が低い製品を選びましょう。

性能がよい分、価格は高くなりますが、目詰まりの確率を低下させるため安全な走行が実現しやすいのです。

走行性能優先

スポーツ走行用を目的に設計された特有なオイルフィルターを、スポーツフィルターと呼びます。サーキット走行に使われるオイルは通常のものと比べ、粘り気が強いです。

スポーツフィルターはこのオイルに対応するため、高油圧にも耐えられる設計になっています。耐久性という視点に立てば、通常のオイルフィルターとは比べ物になりません。

プロのレーサーの方でなくても、高粘度のオイルを使っている人にはスポーツフィルターがおすすめです。

オイルエレメント(フィルター)の交換方法


オイルエレメントの交換方法は店舗に依頼する方法とDIYの2つに分かれます。DIYで対応するには、必要な工具やメンテナンスの知識、作業環境を整えなくてはなりません。これらの労力が気になるなら、店舗に依頼した方が時間を節約できます。

ここでは、エレメントの交換を依頼できる場所やDIYの作業手順を紹介します。

店舗に依頼する

車の整備に関する知識を有しておらず、必要な工具も持っていないなら、店舗に依頼して交換してもらうのがおすすめです。

DIYで対応しようとすると、工具を揃えるための初期費用が発生しますし、肉体的な負担が大きいジャッキアップを自ら行わなければなりません。

こういった労力を注ぐのが煩わしいと感じるなら、費用は発生しますが店舗にお願いしたほうがよいでしょう。ガソリンスタンドやトラックを購入したディーラー、カー用品店などで対応してもらえます。

自分で作業する

エレメントの交換を自分で行う際の作業手順を示します。

  1. エンジンオイルを抜く
  2. 古いオイルエレメントを取り除く
  3. 新しいオイルエレメントを取り付ける
  4. エンジンオイルを補充する

エンジンオイルを抜く際は、あらかじめエンジンを温めておきましょう。こうすることでオイルの抜きがスムーズに進められます。

オイルフィルターはエンジンの下部にある場合が多いため、ジャッキアップが必要です。またフィルターを外す際にオイルが溢れ出す危険があるので、油の受け皿がないと厳しいでしょう。

メンテナンス時の注意点


トラックを長期的に使いたければ、エレメントの交換が不可欠です。メンテナンスで確実に押さえておくべきポイントは「定期的に交換すること」と「交換時期をエンジンオイルと合わせること」の2つです。

あくまでも目安ですが、エンジンオイルを2回交換する度にエレメントを替えると覚えておくと分かりやすいでしょう。メンテナンス時の注意点を詳しく解説します。

定期的な交換を心がける

オイルフィルターは自らの内部に吸い取った汚れを蓄積していくため、使えば使うほど性能は低下するものです。

目詰まりを起こした場合、エンジンオイルの除去作用はうまく機能しなくなり、エンジンの劣化を引き起こします。実際には目詰まりが起きると逃し弁が開き、オイルの通路は保たれますが、この油はろ過の工程を得ていません。

金属片やスラッグが混ざった状態のオイルが循環するため、言わばエンジン内に毒が回っている状況です。オイルフィルターが劣化して使えなくなる前に、こまめに交換する必要があるでしょう。

交換のタイミングはエンジンオイルと合わせる

オイルエレメントとエンジンオイルの交換のタイミングは合わせたほうが効果的です。エレメントだけ交換した場合、オイルが汚れている分、フィルターの劣化が早く進行します。

エンジンオイルだけを交換した場合も、フィルターの内部に残った汚れが新しいオイルと混じりあうため好ましくありません。目安はエンジンオイルを2回交換する度に、エレメントを一度替えることです。

オイルエレメントの劣化は目視では確認しづらいため、交換の判断基準を設定することが重要でしょう。

オイルエレメント(フィルター)を処分する方法


交換した古いオイルエレメントの処分方法を紹介します。考える方法「パーツの購入店舗等で引き取ってもらうこと」、もしくは「お住まいの自治体の処分方法に従って処分する」のどちらかです。

自治体によってはオイルエレメントの廃棄に対応していないこともあるため注意が必要です。

自治体の処分方法に従う

オイルフィルターをエレメントやカートリッジ、使用済みオイルに分解した状態であれば引き取ってくれる自治体も存在します。

使用済みオイルはそのままの状態では難しいため、廃油処理箱に染み込ませて処理します。しかし、自治体によっては廃油処理箱やエレメントを引き取ってくれないところも。

廃油処理箱は産廃扱いとみなす自治体もあるため、まずはお住まいの市役所に問い合わせて取扱いを確認したほうがよいでしょう。

オイルエレメントを選ぶ際はポイントを押さえよう

オイルエレメントの交換時は製品を選ぶ基準を明確にしておきましょう。純正品を選択すれば外すことはないですが、より高機能を求めるなら、値段が高い社外品を使ったほうがよいかもしれません。

作業環境や工具を用意でき、メンテナンスに必要な知識を備えて置けば、DIYでも対応可能です。ゼロから準備を始めるなら、手間を考えてガソリンスタンドやカー用品店などに依頼する方が効率的ではあります。

オイルエレメントを選ぶ際はポイントを押さえよう


オイルエレメントの交換時は製品を選ぶ基準を明確にしておきましょう。純正品を選択すれば外すことはないですが、より高機能を求めるなら、値段が高い社外品を使ったほうがよいかもしれません。

作業環境や工具を用意でき、メンテナンスに必要な知識を備えて置けば、DIYでも対応可能です。ゼロから準備を始めるなら、手間を考えてガソリンスタンドやカー用品店などに依頼する方が効率的ではあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

運送会社100社以上の経営者、配車担当者、運行・整備管理者の要望を叶えた
唯一無二のクラウド運送業務支援システム

トラッカーズマネージャーはこちら