様々な積荷を牽引するトレーラーヘッド(トラクタ)とは? | トラッカーズマガジン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トレーラーヘッド(トラクタ)とは

トレーラーヘッド(トラクタ)とは、ボディ(荷台)部分がついておらず、外付けのトレーラー(荷台)と連結を行い、積荷の運搬を行うための牽引車です。トレーラーヘッド(トラクタ)でトレーラー(荷台)を牽引して運転するには大型免許と牽引免許を取得が必要です。
トレーラーヘッド(トラクタ)は、他の形状のトラックのように荷台の形状に左右されず、連結するトレーラー(荷台)を切り替えるだけでどんな積荷の運搬も可能です。トレーラーヘッド(トラクタ)は、建築資材・土砂・機械・海上コンテナ(海コン)・化学薬品・食品など多様なものの長距離運送に利用されています。

運送時の構造

トレーラーヘッド(トラクタ)を使いトレーラー(荷台)を牽引する場合、トレーラーヘッド(トラクタ)に付属の連結装置カプラと、トレーラー(荷台)に付属の連結装置キングピンでつないで走行します。
トレーラーヘッド(トラクタ)で牽引できる重さは、連結装置であるカプラにかけることができる荷重の大きさで決まります。このカプラにかけられる荷重の大きさを第5車輪荷重と言い、どの程度の重さのトレーラー(荷台)を牽引できるかの判断基準です。

荷台の数から見たトレーラー(荷台)の種類

トレーラーヘッド(トラクタ)に連結するトレーラー(荷台)は、大きくセミトレーラーとフルトレーラーの2つに分かれます。セミトレーラーとフルトレーラーの違いはトレーラーヘッド(トラクタ)が牽引するトレーラー(荷台)の数です。

セミトレーラー

セミトレーラーとは、牽引するトレーラー(荷台)が1台の車両です。セミトレーラーは、トレーラーヘッド(トラクタ)がトレーラー(荷台)の前荷重を直接負担するので、フルトレーラーと比較してトレーラー(荷台)のコントロールがしやすいことが特徴です。

フルトレーラー

フルトレーラーとは、牽引するトレーラー(荷台)が2台の車両です。通常のボディ(荷台)がついたトラックの後ろに単体のトレーラー(荷台)が連結した構造になっています。
後部のトレーラー連結方式にも種類があり、荷重が分散するドリー式(ドーリという台車を備えたセミトレーラーを使った連結)と、運転がしやすいセンターアクスル式(車体の中央の長い棒連結器で連結)に分かれています。
フルトレーラーは、高い運転技術が必要ですが、1度に大量の荷物を運べるため人件費や輸送費を安くできることが特徴です。

牽引して運転する時に起こる特有の現象と対策

トレーラーヘッド(トラクタ)でトレーラー(荷台)を牽引する際に、事故が起こりやすくなる特有の現象が4つあります。どの現象も急がつく運転が原因となるため、トレーラーヘッド(トラクタ)でトレーラー(荷台)を牽引する際は、余裕を持った運転をするようにしてください。

ジャックナイフ現象

ジャックナイフ現象は、トレーラーヘッド(トラクタ)とトレーラー(荷台)のバランスが崩れて連結部分が「くの字」に折れ曲がる現象です。ジャックナイフ現象が起こると車両のコントロールができなくなり、事故につながる可能性があります。
ジャックナイフ現象が発生する原因は、急ブレーキや急ハンドルなどによりトレーラーヘッド(トラクタ)の後輪がロックされることです。ジャックナイフ現象を起こさないために、急がつく運転操作がないよう余裕を持った運転をするようにしてください。

トレーラースイング現象

トレーラースイング現象は、トレーラー(荷台)のタイヤがロックされてしまい進路外側にトレーラー(荷台)が大きく振られてしまう現象です。トレーラースイング現象の対策として、運転時に急に強いブレーキはかけないようにしてください。

プラウアウト現象

プラウアウト現象は、車両のコントロールを失い一直線に進んでしまう現象です。プラウアウト現象の原因は、急ブレーキによりトレーラーヘッド(トラクタ)の前輪がロックされることです。プラウアウト現象の対策として、急な制動を避けるようにしてください。

スネーキング現象

スネーキング現象は、急制動や速度超過の運転によりヒッチボールを支点にして連結した車両が左右に揺れてしまい操縦不能になる現象です。スネーキング現象は、速い速度で走行し、トレーラー(荷台)の左右のバランスの悪い場合や横風があるときに起こります。スネーキング現象の対策として、法定速度遵守し、速度を落として運転をするようにしてください。

まとめ

トレーラーヘッド(トラクタ)は、ボディ(荷台)部分がついておらず、外付けのトレーラー(荷台)と連結を行い、積荷の運搬を行うための牽引車です。トレーラーヘッド(トラクタ)を使いトレーラー(荷台)を牽引する運転は、事故につながる特有の現象も発生しやすく、高い運転技術が必要です。安全を十分に意識して運転する必要があると認識してください。

下記が実際の、トレーラーヘッド(トラクタ)とトレーラーの中古トラック一覧ですので、是非参考にしてみてください。
【トレーラーヘッド(トラクタ)とトレーラーの中古トラック一覧(トラッカーズ)】
https://market.trck.jp/site/items?selectBodyKeijou[]=body_keijou_torakuta
https://market.trck.jp/site/items?selectBodyKeijou[]=body_keijou_trailer

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る