冷凍車とはどんなトラック?冷蔵車、保冷車との違いも解説 | トラッカーズマガジン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

冷凍車とは

冷凍車とは、生鮮食品や冷凍食品など温度管理が必要な積荷を運搬するためにボディ(荷台)部分に冷却機能が付き、氷点下まで保管温度を下げることが可能なトラックです。

冷凍車の種類

冷凍車は一般的に保管温度により、中温車と低温車の2種類に分けられます。
中温車は、-5度前後までの冷却可能な冷凍車を指し、鮮魚や精肉などの運送で利用されます。
低温車は、-25度前後までの冷却可能な冷凍車を指し、冷凍食品やアイスクリームや傷みやすい鮮魚(マグロやカツオなど)の運送で利用されます。

冷蔵車や保冷車との違い

冷凍車のように積荷の温度を保つ機能をボディ(荷台)部分に搭載したトラックとして、冷蔵車と保冷車があります。
冷凍車と冷蔵車、保冷車との違いは冷却可能な保管温度と冷却機能の有無です。冷蔵車は、ボディ(荷台)部分に冷却機能がついていますが、保管温度の最上限が冷凍車よりも高く5℃前後です。保冷車は、ボディ(荷台)部分に冷却機能が付いておらず、ボディ(荷台)部分の断熱構造により一定時間積荷の温度を保つことができるトラックです。
保管温度の違いから、冷蔵車は野菜や果物乳製品や薬品植物などの運送、保冷車は冷凍・冷蔵状態の生鮮食料品や要冷食品などの短距離での運送に利用されています。

冷凍車の冷凍方式

冷凍車のボディ(荷台)部分の冷却方式は、機械式、窒素式、蓄冷式の3種類です。現在利用されている冷凍車のほとんどが機械式を導入していますが状況によっては窒素式や蓄冷式のほうが適しているため、その車が運送する頻度の高い積荷の種類に合わせて冷却方式を選ぶことになります。

機械式

機械式の冷却方式を導入している冷凍車は、ボディ(荷台)部分の温度調整が容易であるため、冷凍輸送が必要な積荷全般に対応しています。冷却についてはクーラーと同じ原理でボディ(荷台)部分の温度をコントロールしています。
ボディ(荷台)部分には、冷却機構のために5つの装置が搭載されています。

  1. 冷媒を圧縮して高温・高圧にしたガスを送るコンプレッサー
  2. 受け取ったガスを外気で冷却し冷媒液に変えるコンデンサー
  3. 冷媒液を気化させボディ部分の空気を冷やすエバポレーター
  4. 冷媒液によって冷却された空気をボディ内に循環させるターボファン
  5. 室内の温度管理を行うためのコントローラー

冷凍車の冷却機構を動かす動力は、冷却機構専用のエンジンを使用する方法と、車両のエンジンを使用する方法があります。市場のおよそ80%の冷凍車は、車両のエンジンを動力として使用する冷却機構です。
冷却機構専用のエンジン付きの冷凍車は、トラックのエンジンを切ってもボディ(荷台)部分が冷却され続けるため、長距離移動が多い業者に利用されています。
機械式の冷却方式を導入している冷凍車は、保冷時間に制限がなく、コントロールがしやすいためどのような状況でも使いやすい冷凍車です。

窒素式

窒素式の冷却方式を導入している冷凍車は、特に傷みやすい鮮魚や精肉の運送に適した冷凍車です。
窒素式の冷却方式を導入している冷凍車は、液体窒素を使ってボディ(荷台)部分の温度を下げる仕組みです。ボディ(荷台)部分の冷却に沸点-196℃の液体窒素を使うので、他の冷却方式と比較し、最も冷却効率が高い冷却方式です。窒素式の冷却方式では、ボディ(荷台)部分の温度を-40℃以下の低温にする事が可能です。

蓄冷式

蓄冷式の冷却方式を導入している冷凍車は、蓄冷式で冷却できる時間内(およそ8時間)で配達可能な短距離で、頻繁に積荷の積み下ろしがある青果・ケ-キ類に適した冷凍車です。
蓄冷式の冷却方式を導入している冷凍車は、夜間や配送に使用しない時間帯に電力で冷凍機を稼動し庫内の冷凍板を凍結させ、配送中はその凍結された冷凍板からの冷気により庫内の温度を一定温度(冷凍・冷蔵温度帯)に保つ仕組みです。蓄冷式の冷却方式は、エンジンを切ってもボディ(荷台)部分の温度が急激に下がらないことが特徴です。

冷凍車を使用する上で注意すること

冷凍車は積荷の温度を適温保持するために必要な準備やメンテナンスがあります。

荷物を積むまでの準備

冷凍車に荷物を積む際は、ボディ(荷台)部分の温度を下げ一定に保つために2つの工夫が必要です。

  1. 事前に予冷を行いボディ(荷台)部分の温度を下げる
  2. 荷物は隙間を開けて積み、冷気をボディ(荷台)部分の全体に循環するようにする

日々のメンテナンス

冷凍車は食品の運送を行うため、ボディ(荷台)部分の清掃が必要な車両です。さらに冷却性能を保持するため、定期的にドレインホースの水洗いと破損確認を行う必要があります。ドレインホースが破損していると、破損部分から冷気が逃げるため日常点検を欠かさず行うことが大切です。

まとめ

冷凍車は、温度管理が必要な積荷を運搬するためにボディ(荷台)部分に冷却機能が付き、氷点下まで保管温度を下げることが可能なトラックです。
冷凍車のように積荷の温度を保つ機能をボディ(荷台)部分に搭載したトラックとして、冷蔵車と保冷車があります。冷凍車と冷蔵車、保冷車との違いは冷却可能な保管温度と冷却機能の有無です。冷凍車を使って運搬する際は、積荷に最適な温度にできる車両を選んでみてください。

下記が実際の、冷凍車の中古トラック一覧ですので、是非参考にしてみてください。
【冷凍車と冷凍ウィングの中古トラック一覧(トラッカーズ)】
https://market.trck.jp/site/items?selectBodyKeijou[]=body_keijou_reitou
https://market.trck.jp/site/items?selectBodyKeijou[]=body_keijou_reitou_wing

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る