土砂・石材・廃棄物等の運搬で大活躍!ダンプカーの基本情報を徹底解説| トラッカーズマガジン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ダンプカーって、どんなトラック?

ダンプカーとは、自動で荷台を傾け、積荷を一気に降ろすための装置を備えているトラックです。
 ダンプカーを漠然と「大きなトラック」と考えている人もいますが、大きな荷台を備えたトラックの全てがダンプカーに該当するわけではありません。ダンプカーのダンプとは、「投げ落とす」という意味をもつ英語の「dump」に由来し、積荷を下ろす機構をもつトラックをダンプカーと呼んでいます。大量の土砂や砂利、産業廃棄物を簡単に下ろすことができる利便性の高さから、ダンプカーは建設や土木業界、運送業界などを中心に、幅広い用途で使用されています。

ダンプカーの基本的なサイズ

 公道を走行できる普通ダンプには、大型、中型、小型など様々なサイズが存在します。当然ながら、サイズが大きくなればなるほど、積載できる土砂や石材の量も多くなります。

ダンプのサイズ 目安となる最大積載量
大型 8t〜11t
中型 3t〜5t
小型 2t〜3t

 ダンプカーの荷台構造

 ダンプカーの荷台には、積荷を落とす場所ごとの制限などに対応するため、様々な荷台構造が存在します。ここでは、その代表的な荷台構造についていくつかご紹介します。

リアダンプ
 荷台の前方を高く上げることで、後部ゲート(リアゲート)から積荷を落とす仕組みを持つ、最もポピュラーなダンプカーです。荷台後部のゲートは下開き形式のものが一般的ですが、大きな岩などが引っかかったりするのを防ぐために上開き形式になっている「Lゲート」と呼ばれる荷台構造も存在します。

サイドダンプ
 荷台を横に傾け、積荷を落とす形式のダンプカーです。一方通行のため、バックで荷下ろしのポイントに侵入することができない現場や、広範囲に土砂などを落としたい現場などで使用されることが多い荷台構造です。

三転ダンプ
 荷台の後方と左右の3方向に積載物を落とすことができる形式のダンプカーです。車が回転できない狭い道路や、一方通行の道路での埋め戻しや砂利まきなどに大きな効果を発揮します。

深ダンプ
 通常のダンプカーに比べ、深い荷台を持つダンプカーです。この荷台の構造は、比重の軽いものを積載可能な重量まで効率的に積載するのに適しており、主にペットボトルなどの一般廃棄物や産業廃棄物や石灰、家畜用の牧草や飼料などの運搬に用いられています。

 ダンプカーの種類

 ダンプカーには、公道を走行できる「普通ダンプ」と、建設現場などの特定の場所しか走行できない「重ダンプ」の2種類が存在します。普通ダンプと重ダンプは、その最大積載量で区分され、11tを超えるものが重ダンプとされます。普通ダンプが公道を通って資材や土砂などを運搬できるのに対し、重ダンプはバリケードで囲われた工事現場や工場など、一般人が立ち入りできない限定された環境下での運用を前提としています。

 ダンプカーの運転に必要な免許

 ダンプカー(普通ダンプ)の運転には、小型、中型、大型などのタイプごとに、異なる運転免許が必要になります。それぞれのダンプカーの運転に必要な免許をまとめてみます。

サイズ 車両重量 最大積載量 必要な免許
小型ダンプ 5t未満 3t未満 普通免許
中型ダンプ 8t未満 5t未満 中型(8t)限定免許 (H19.6.2以前取得した普通免許)
中型ダンプ 5t~11t 3t~6.5t 中型免許
大型ダンプ 11t以上 6.5t以上 大型免許

 下記がサイズ別の、実際のダンプの中古トラック一覧ですので、是非参考にしてみてください。

【小型ダンプの中古トラック一覧(トラッカーズ)】

【中型ダンプの中古トラック一覧(トラッカーズ)】

【大型ダンプの中古トラック一覧(トラッカーズ)】

 また、公道を走行できない重ダンプには、特別な免許や資格はありませんが、大型の普通ダンプの運転経験者が運転するのが一般的です。

 ダンプカーを運転する際に注意すべきことは?

 車体の大きいダンプカーを運転する際は、普通自動車などとの運転感覚の違いに注意しましょう。また、車体の規定を上回る積荷を搭載する「過積載」の状態は、積荷が不安定になって落下したり、安全な走行が難しくなることに加え、車体重量が大きくなりすぎることで道路などにもダメージを及ぼすおそれがあるので、荷物の積みすぎは絶対に避けましょう。

 ダンプ規制法の遵守

 土砂等を運搬する最大積載量5t、または車両総重量8tを超えるダンプカーを使う場合には、交通事故の防止を図るために施行された「ダンプ規制法(土砂等を運搬する大型自動車による交通事故の防止等に関する特別措置法)」に従った措置をとる必要があります。この法律は、ダンプカー(土砂等を運搬する最大積載量5t以上の大型自動車)による交通事故の防止を図ることを目的に施行された法律です。ダンプカーを利用する上で遵守すべきことは大きく3つです。

① 土砂等を運搬する大型ダンプの使用する際は、国土交通省に届出を行う
② ダンプの外観に国土交通省令による表示番号をつける
③ ダンプには積載量を自動で計測する装置の取り付ける

 ダンプ規制法の対象となる最大積載量5t、または車両総重量8tを超えるダンプカーには、荷台に「ダンプナンバー」と呼ばれる表示番号の表記が義務づけられています。ダンプナンバーを取得するためには、国土交通大臣への届け出が必要ですが、どんなタイプのダンプカーにも認められるわけではなく、深ダンプなど土砂を載せられないタイプでは取得できないことにも注意が必要です。ダンプ規制法の対象となるのは、土・砂利・砂・玉石・砕石・砂利をセメントなどにより安定処理したもの・アスファルト・鉱さい・廃鉱・コンクリート・レンガ・モルタルなど土砂等を運搬するダンプカーのみで、一般廃棄物や産業廃棄物を運搬するダンプカーは規制の対象にならないため申請の必要はありません。このように、ダンプカーのサイズと運ぶ荷の種類により国土交通省に申請が必要であるという点を注意しましょう。

まとめ

 土砂や岩、砂利や廃棄物などの運搬に力を発揮するダンプカーは、土木建設業をはじめ、砂利採取・販売業、採石業、廃棄物処理業などの様々な現場でなくてはならない存在です。ダンプカーで土砂等を運ぶ場合は、最大積載量や車体重量などを確認し、ダンプ規制法の対象になるかどうかを事前に把握しておきましょう。

 下記が実際の、ダンプの中古トラック一覧ですので、是非参考にしてみてください。

【ダンプの中古トラック一覧(トラッカーズ)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る