車両管理で重要なポイントとは?安全性とコスト削減に着目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はじめに: 車両管理の役割と重要性

車両管理とは、企業が保有する車両全般(リース車両やトラックなど)を管理する業務を指します。
車検を含む車両の定期的な整備・修理はもちろん、それらを通じた車両の安全性の確保や、車両収支の管理、場合によっては車両に適した運行計画の策定なども業務に含まれます。
運送会社にとってはスムーズな運送業務遂行につながりますし、その他企業全般においても経営基盤を支えることに直結するため、適切な車両管理を行うことは非常に重要となってきます。

車両管理のメリット

メリット
車両管理を適切に行うことで得られるメリットは大きく分けて「コストの削減」「安全性の向上」「法令順守」「効率的な運用」の4点が挙げられます。

コストの削減

車両の台数が増えれば増えるほど、維持費などのコストも比例して増えていきます。
どのタイミングで、どの車両に、どのような整備を行い、どの程度の費用がかかっているのかを記録し、費用を可視化しておくことで、燃料費、メンテナンスコスト、予期せぬ故障といった追加コストの抑制を効果的に実現することができます。

安全性の向上

リース車両やトラックなど商用車を保有する企業にとって車両管理は一番といっても過言ではないほど重要です。
万一、自社の車両が事故を起こしてしまった場合多大な損害が発生してしまいます。
自社車両や自社ドライバーだけでなく、社会全般の交通安全を確保するためにも定期的な車両点検やメンテナンスは行うようにしましょう。

法令順守

企業が保有する車両による交通事故が発生すると、事故を起こした運転手に対する監督責任や、車両に対する管理責任を問われ、企業も賠償責任を負うことになってしまいます。
法的なリスクを回避し、未然に防ぐためにも、車両管理を常日頃から徹底して行い、安全運転の意識を持つようにしましょう。

車両の効率的な運用

車両管理を行うことで、運行ルートの最適化や配送スケジュールの効率的な計画によって車両の稼働率を最大化することできます。
車両に対する売上とかかっている費用を相対的に可視化することで、車両収支の向上の示唆とすることができます。
こうした積み重ねにより、より多くの配送を少ないリソースで遂行できるようになるため、全体の運行コストを削減することができます。

車両管理の基礎知識

運送業界における車両管理は、安全性の確保、さらには業務の効率化やコスト削減に大きく貢献する重要な役割を果たしています。
効果的な車両管理を行うためには、その機能・内容と目的をしっかり理解し、必要なスキルや知識を身につける必要があります。

車両管理の主な業務内容

車両管理の主な業務内容は下記になります。

車両自体の管理

 ・車検、3か月点検といった法定点検の実施と管理
 ・車両の不具合箇所の修理点検
 ・定期的なメンテナンス
 ・故障時の迅速な修理

コスト管理

 ・燃料費の管理
 ・メンテナンス費用の管理
 ・保険料やその他費用の管理
 ・車両ごとの売上の把握と、車両別収支の管理

安全管理

 ・安全基準に沿った運行指導
 ・事故防止策の実施

車両管理に必要なスキル

車両管理を効果的に行うためには、次のようなスキルが求められるといえます。

車両管理 分析

データ分析能力

燃料消費、ルート効率、メンテナンス履歴などのデータを分析し、売上データと相対的に見ることを通じて、効率的な運用戦略を立てる能力が求められます。
どの車両がどのタイミングで、どの程度の整備コストが発生するのかや、そのコストが売上に見合う額の出費なのかなどを適切に判断、計画し、その計画に基づいた車両の運用を行うことで、効果的なコスト削減を実現することができます。

組織力

車両管理は、多数の車両とドライバーを効率的に管理するため、高い組織力と計画性が求められます。
運行計画を調整しながらの適切なメンテナンススケジュールを策定、緊急時対応の計画など、複数のタスクを同時に処理し、優先順位をつける能力が必要です。

コミュニケーション能力

効果的な車両管理には、ドライバー、メンテナンススタッフ、その他関係者との円滑なコミュニケーションが不可欠です。
大きな故障を防いでいくためには、日々ドライバーからの声に耳を傾け、車両の不調を訴えてきた場合は適切に対応できるようにしておく必要があります。
またドライバーは若手からベテランまで異なる年齢層の方がいるため、円滑にコミュニケーションが取れるように日頃から良好な関係を築くことが重要です。

効果的な車両管理のツール紹介

効率的なツール
適切な車両管理を行うにあたって、車両収支を可視化するための燃料、修理コストと売上の相対化には、データを適正に処理する仕組みが必要となります。
また、そういったデータをどのように見分け、運用していくかにあたっても相当程度のデータ処理能力が必要となってきます。

なによりも、そのようなデータを集計するために、日々蓄積してくためには、適切な管理体制が必要となってきます。
そこで、車両管理システムを導入することにより、効率的な車両管理業務を推進することができます。

その実現の鍵となるのが、クラウドサービスや専用ソフトウェアなどの最新DXツールの導入です。
近年、車両管理の業務をサポートする多くのシステムが生まれており、その中でも弊社が提供している「トラッカーズマネージャー」は多くの運送会社から支持されております。
以下では、車両管理ツールの選び方と「トラッカーズマネージャー」の特徴を詳しく紹介していきます。

車両管理ツールの選び方

車両管理ツールを導入する場合は、まずは社内での導入目的を明確にすることが必要です。
自社で車両管理を行う上での課題が、煩雑な業務フローの効率化、業務属人化解消、点検・整備漏れの防止、情報の共有、履歴の保存、利益最大化なのかで求められるツールは全く異なってきます。
現状の課題が何なのかを明確にし、その課題を解決できるツールを選ぶことができるかどうかに、運行管理の効率化ができるかどうかがかかってきます。

使いやすさ

日常的に使用するツールだからこそ、操作が複雑であったりわかりにくかったりする場合は運用に時間がかかったり、導入されても使用頻度が減ってしまうこともあるでしょう。
そのため、車両管理システムを導入する際はパッと見で情報がわかりやすい、シンプルな設計である等を考慮した上で選択するようにしましょう。

サポート体制

導入してから車両管理体制をスムーズにすることが主目的であるので、万一のサポート体制が整っていることは重要なポイントです。
どんなに優れたツールであっても、日々の疑問や緊急時のサポートが不足していて、受けたいときに適切なサポートが受けられないと、業務への支障が生じる可能性があります。
また、法改正などによってツールのアップデートや新機能追加が頻繁に行われるかや、その際のサポート体制がどうなっているかなど、基盤の整ったサポート体制はツールを利用するにあたって欠かせない条件です。

コストパフォーマンス

車両管理ツールの利用には、初期費用や車両台数に応じた月額の固定費用など、相応の費用がかかってきます。このため、導入費用が効果に見合うかどうかはツール選定の上で非常に重要です。
初期費用や月額固定費用はもちろん、利用できる機能や使いやすさなど総合的に評価をし、最も効果的なツールを選ぶ必要があります。

データ分析機能

データ分析機能は車両管理をより効率的にするためにも非常に重要です。
走行距離やタイヤの交換記録、修理記録など今まで紙やExcelで管理していたデータを集約して可視化することで、結果的にコスト削減にも繋がります。

車両管理ツールの選び方で重要な4点の基準を満たしつつ、さらに進化した機能とサポートを提供するのが「トラッカーズマネージャーの車両管理プラン」です!

トラッカーズマネージャーの車両管理プラン

トラッカーズマネージャーとは、運送事業に必要なすべての機能を網羅したクラウドシステムです。
配車計画や請求書の発行などの運行管理業務から、事故情報やドライバー情報の一元管理など様々な業務をカバーできます。
その中でも、システムの中核となる車両管理機能に関しては、運送会社に限らず、多数の社用車を保有する企業様なども含め、広くご利用いただいております。

トラッカーズマネージャー 車両管理プラン

トラッカーズマネージャーの車両管理プランで利用できる機能をご紹介致します。

ドライバー情報の一元管理

運転免許期限健康診断の受診日も一覧で確認が可能で、並び替えや検索も簡単にできます。
また、詳細画面では緊急時の連絡先から講習受講履歴、事故・違反暦まで網羅。台帳形式で印刷することも可能です。

事故情報の記録と可視化

事故の記録はボタン1つでグラフ化が可能で、発生場所や条件別で件数を視覚的に確認することができます。
事故の傾向を把握したうえで、要因分析や安全対策マネジメントにも広くご活用いただけます。

車両にまつわる情報の集約

基本的な車検証やリース・保険情報はもちろん、走行記録やタイヤの交換記録まで車両にまつわる様々な詳細情報に網羅的に記録しておくことが可能です。
また、CSVによる一括取り込みにも対応しており、登録の手間を省くことができます。

燃料情報の可視化と分析

給油量・単価・燃料費を燃料会社ごとに管理が可能です。
燃料費の推移や内訳をグラフ化することで、視覚的にデータを確認することができます。

修理整備履歴管理と抜け漏れ防止

車検・3ヵ月点検のスケジュール管理のほか、タイヤ・オイルの交換期限も一目で把握可能。メールでのアラートにより、点検漏れを防ぎます。
また、修理・整備の内容(車検・3ヵ月点検・修理整備・タイヤ交換など)の登録にあたっては、具体的な修理・点検箇所や、特定の事故に起因する修繕かどうかまでを指定することができ、
特定の期間や営業所ごとの一覧、合計費用も把握することが可能です。

トラッカーズマネージャーで 業務削減・効率化を始めませんか?

 

 

終わりに

今回は、車両管理について、そのメリットや役割、そして効率的な管理方法や効果についてご紹介いたしました。
車両管理システムを導入し適切に運用することにより、業務の効率化はもちろん、コストの削減も期待できます。
業務が属人化していたり、紙やExcelなど非効率的な方法で管理されている場合は、これを機に車両管理システムの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

編集長(元・運送会社配車担当)のつぶやき

これだけ車両管理の重要性を書いていてどうかとも思いますが、基本的な車検と点検管理と故障したらとりあえず修理に出して、かかった経費は請求書を見て払って終わり、というレベルの車両管理であれば、あまり複雑なシステムや特別な計算は、正直に言ってしまえば必要ありません。

これまでは、こうした“どんぶり勘定”を行っている運送会社が世間の大半だったかと思いますが、燃料費をはじめとする物価の高騰や2024年問題の対策として利益を確保していくために、車両管理を徹底していこうとしている運送会社も着実に増えてきています。

ぜひ車両管理の適正化を通じ、安全な運行と効率的な経営を進めていただければと思います。

さて、年末年始の休みが近づいてきております。
お休み中のお出かけの予定などすでにお決まりでしょうか?

そうはいっても、まずは休み明けまでの配車繰りと年明け早々の請求準備に追われ、運送会社のみなさんは、今時分が一年の中でも特に忙しい時期かと思います。

また、年末年始も変わらず運行の入っているドライバーの皆様、大変お疲れ様です。

日常では運転を滅多にしないペーパードライバーが数多く車を利用し、一般道、高速とも渋滞も増え、ヒヤリとする運転を目にることも多い時期に入りました。

特にここ最近は都内都市部を中心にでライドシェアの拡大でサンデードライバーの運転機会も増え、私自身も普段都内を走っていると自転車や電動スクーターなども含め、危ない運転を目にする機会が多く感じますので、日頃よりも周囲に注意しながら、安全な運転を行っていただければと思います。

今年の年末はあまり冷え込まない予報となっているようですが、体調を崩している方も多くお見掛けしますので、どうぞご自愛の上、よい新年をお迎えください。