車両管理システムのおすすめ4選|システム導入でできることとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車両管理システムを活用することで、リアルタイムでの管理やドライバーとの連携が可能となり、車両管理の効率化につながります。

しかし、さまざまな車両管理システムが展開されており、特徴や機能が異なるため、どのサービスを導入すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、車両管理システムの特徴やメリット、選び方のポイントについて解説します。車両管理システムの導入を考えている方は参考にしてください。

車両管理システムとは


車両管理システムとは、企業や組織が保有する車両の運用と管理を効率的に行うためのシステムです。車両の情報を集約し、保守、点検、運転記録などの重要なデータを統合的に管理します。

車両情報の追跡や車検・法定点検管理、運転日報の管理を行えるほか、燃料消費量や走行距離、ルートなど日々のドライバーの状況も可視化できます。

車両管理システムを利用することで、企業は車両の運用状況をリアルタイムで把握し、効果的な保守管理が可能となります。危険な運転行為や違法な活動の早期発見につながるため、事故や法的トラブルの発生リスクも軽減することが可能です。

車両管理システムの主な機能一覧


車両システムの主な機能は以下の表のとおりです。

車両管理システムを導入する6つのメリット


車両管理システムを導入するメリットはいくつかあります。ここでは、主なメリットとして6つご紹介します。

管理業務の効率化

車両管理システムは、車両やドライバー、コストなどに関する管理業務をサポートします。車両の基本情報や保守履歴、ドライバーの運行記録などを総合的に管理できるため、管理者はシステムの情報を参照し、必要な管理作業を迅速に行うことが可能です。

また、車両管理システムではデータを集計し、分析することも可能です。集められたデータをもとに、車両の運行パターンや燃料消費量などを分析することで、ルートを最適化できます。最適なルートの選択により、燃料や時間が節約され、配送効率も向上するでしょう。

さらに、車両管理システムを利用すれば、全車両の位置情報をリアルタイムで把握可能です。管理者はGPSを活用して車両の現在位置や移動状況を常に確認できるため、配送の管理やスケジュール調整も容易となり、配車をスムーズに行えます。

交通事故の防止が可能

多くの車両管理システムは危険運転を事前に検知し、通知する機能を備えています。例えば、急加速や急ブレーキ、急ハンドルなどの危険な運転行為が検知されると、ドライバーへ通知され、連動して管理者へ通知されます。

また、ドライバーの運転特性を把握し、数値で可視化できるため、各ドライバーの運転スタイルや癖を分析でき、運転の安全性やリスクの評価が可能です。

運転特性の情報を活用することで、個々のドライバーに合わせて根拠に基づいた指導やトレーニングを実施できます。運転者に自身の運転行動を認識させて改善させていけば、交通事故の発生リスクを低減できるでしょう。

コスト削減ができる

車両管理システムによりドライバーの安全運転が促進され、事故が減れば、車両の修理代や保険料引き上げなどのコストも抑制できます。

また、上でも記載したとおり、車両管理システムでは配送ルートの最適化が可能なものもあります。効率的な配送ルートを選択して走行距離が短縮されれば、燃料消費量が減り、運用コストの削減にもつながります。

さらに、車両の利用状況をリアルタイムで把握し、余剰や不足が発生しないように調整することで、車両の無駄な使用や不足による追加コストの軽減も可能です。

生産性を上げられる

リアルタイムで車両の位置情報や利用状況を把握し、最適な車両を適切な場所に配車したり、交通状況や配送先の情報を考慮したルートを自動的に作成したりすることで、配送業務の効率化が可能です。配車状況の最適化によって、配送時間の短縮や配送コストの削減が実現され、生産性が向上します。

さらに、配送業務が効率化され時間に余裕が生まれれば、新規の取引先開拓や顧客対応など、業務の多角化や拡大も可能です。結果、企業や組織の成長につながる新たなビジネスチャンスを追求できるでしょう。

法令を守れる

法令を遵守しやすくなることも、車両管理システムを導入するメリットです。車両管理システム上で車検や点検、免許更新などの期限管理ができるため、法令違反や罰金のリスクを未然に防げます。

また、一部の車両管理システムにはアルコールチェック機能が搭載されています。運転前にドライバーのアルコール検査を行うことで飲酒運転の防止も可能です。

アルコールチェックの導入は、交通安全意識の向上や事故の防止につながります。2022年度からはアルコールチェックが義務化されており、この対応は法令遵守の観点から欠かせません。

ドライバーの負担削減が可能

車両管理システムを導入することで、ドライバーへの負担を軽減できる点もメリットの一つです。車両管理システムには日報自動作成機能がついているため、ドライバーの日報作成をサポートしてもらえます。

その結果、運転時間以外の業務時間を削減でき、長時間労働に悩まされているドライバーのワークライフバランスを保てるでしょう。

このようなメリットを得るために車両管理システムの導入を検討されている方は、トラッカーズマネージャーの導入もご検討ください。トラッカーズマネージャーでは、運送業務に必要な機能をすべて完結できます。

トラッカーズマネージャーで
業務削減・効率化を始めませんか?

 

車両管理システムを選ぶときのポイント5つ


車両管理システムにはさまざまな機能が備わっています。機能の特性を理解し、自社に合わせたシステムを選ぶことが重要です。

位置情報の更新頻度や安全運転管理機能の有無、ルート作成の精度など、車両管理システムを選ぶときのポイントを確認していきましょう。

位置情報の更新頻度は多いか

位置情報が頻繁に更新されるほど、ドライバーの状況をリアルタイムで把握しやすくなります。その結果、クライアントや顧客に対して正確な到着時刻や配送状況を提供できるため、企業の信頼性や顧客満足度の向上が期待できます。

URLを通じてクライアントや顧客へ位置情報を提供すれば、配送の進捗状況や到着予定時刻の共有も容易です。

更新頻度は5秒間隔や10分間隔など、車両管理システムによって異なるため、自社の運用やニーズに合わせて選択することが重要です。とくに運送業や配送業など、リアルタイムで位置情報を把握する必要がある企業は、社内や取引先との連絡など、どの程度の頻度での更新が必要なのかをしっかりと確認してシステムを選定しましょう。

安全運転管理機能は備わっているか

安全運転管理機能とは、AIやセンサーを活用して危険運転やヒヤリハットを自動的に検知し、運転者や管理者にアラートを送信する機能です。

事故が発生すると、車両の修理費用や保険料が増加するだけではなく、損害賠償などの法的責任が発生する可能性もあります。ドライバーの身体面にも影響をあたえてしまう可能性が高いため、できる限り事故は避けたいところです。

安全運転管理機能が充実しているシステムを選択することで、事故やトラブルの発生リスクを軽減できます。

運転分析やルート作成の精度は高いか

車両管理システムの運転分析やルート作成の精度はシステムによって異なります。とくに、運転分析はシステムごとに異なる分析項目が設定されているため、自社が求める項目が含まれているかどうかを確認することが重要です。

運転分析は、運転者の特徴や習慣を詳細に把握し、安全性や効率性を向上させるために欠かせません。急ブレーキや急加速、急ハンドルなどの運転行動の記録や評価の精度を確認しましょう。

また、配送業務を行う場合、ルート作成の精度も重要なポイントです。交通情報や道路状況、配送先の条件などを考慮して、効率的なルートが作成されるかどうかを確認してください。

ドライバーとのコミュニケーションは取りやすいか

システム上でドライバーの現在位置を確認したうえでメッセージを送信したり、地図上で指定範囲内にいるドライバーにメッセージを送ったりする機能があるかどうかも確認しましょう。

一斉送信ができない場合、位置情報を確認しながら個別にドライバーと連絡を取らなければなりません。個別にドライバーと連絡を取る作業は、管理業務を煩雑化させます。そのため、位置情報に連動した一斉送信機能があると、ドライバーとの効率的なコミュニケーションが可能です。

管理者が効率的にドライバーとのコミュニケーションを取れれば、業務の円滑な遂行や問題の迅速な発見につながるでしょう。

初期費用やランニングコストは問題ないか

初期費用には、システムの導入にかかる費用やハードウェアの購入費用などが含まれます。ランニングコストは、月額や年間の利用料、サポートやメンテナンス費用などが対象です。

車両管理システムには買い切りのものからレンタルまでさまざまな形態があります。買い切りの場合は初期費用が高額になりますが、ランニングコストは比較的低く抑えられます。

一方、レンタルの場合は初期費用が安く、月額の利用料でシステムを利用できますが、総費用が高くなる場合もあります。自社の予算や運用スタイルに合わせて、適切な料金形態を選択することが重要です。

おすすめの車両管理システムを紹介!


ここからは、おすすめの車両管理システムを4つ紹介します。それぞれの特徴を詳しくみていきましょう。

トラッカーズマネージャー

『トラッカーズマネージャー』は、クラウド上で車両管理を一元化するシステムです。整備点検表や修復履歴、燃料消費状況など、車両に関連した多岐にわたるデータを集約し、クラウド上で情報を管理します。データ集約をデジタル化することで、手動での情報収集や紙ベースの管理が不要となり、情報の透明性と正確性が向上するでしょう。

また、『トラッカーズマネージャー』は自動的に車両に紐づくコストを集計し、リアルタイムで可視化する機能を提供しています。燃料消費、整備費用、修復費用など、さまざまなコスト要因を集約・可視化することができるので、車両に関わるコストをすぐに把握することができます。その結果、無駄な費用の浪費を防ぎ、効果的な車両管理を実現できます。

さらに、『トラッカーズマネージャー』にはドライバーの勤怠管理機能も含まれています。ドライバーの労働時間の管理や、デジタコから取得した運転時間を自動的に集計し、法令に適合した勤務体制の確保も可能です。法的リスクを軽減し、過重労働も防げるため安全運転をより推し進めることができます。

企業の規模や業種に合わせて機能のカスタマイズができるため、契約期間や料金プランの選択肢が豊富な点も魅力の一つです。

トラッカーズマネージャーで
業務削減・効率化を始めませんか?

 

docoですcar

『docoですcar』は、ドコモが提供する通信面で信頼性の高い車両管理システムです。ドコモ品質のクラウドサービスを活用しており、セキュリティ面や通信品質面でも安心して利用できます。

車両の位置情報管理や安全運転管理、アルコールチェックなど、機能面も充実しているのが特徴です。また、バス運行管理や保育園・幼稚園向けバスに特化したサービスも展開しています。

ドコモの高い技術力と信頼性が詰まった『docoですcar』は、多様な車両管理ニーズに対応し、安全性と効率性を高める強力なツールです。

参考:docoですcar公式サイト

モバロケ

『モバロケ』は、車両の位置情報管理に特化したサービスです。ドコモのFOMA通信網を使用し、車両の位置情報管理やルートの履歴記録、ドライバーへの一斉送信機能など、車両管理に必要な機能を網羅しています。ただし、運転日報の機能はオプションとなるため注意しましょう。

『モバロケ』は、車両管理をスマートかつ効率的に行いたい企業にとって、頼りになるパートナーとなるでしょう。

参考:モバロケ公式サイト

SmartDrive Fleet

『SmartDrive Fleet』は、幅広い機能を備えた車両管理システムです。シガーソケットに挿すだけで使用できるタイプから、ドライブレコーダーを活用したタイプまで、多彩なタイプがあります。

ドライバー一人ひとりの走行履歴や運転の癖をデータ化できるため、個別の指導やトレーニングも可能です。また、日報や月報の管理も容易に行えます。さらに、長時間労働や私的利用の確認も可視化できるため、法令や就労規則の遵守を確認し、適切な業務遂行をサポートしてくれるでしょう。

『SmartDrive Fleet』は、安全性と効率性を高め、車両管理を効果的に行うために必要な機能を備えたツールです。

参考:SmartDrive Fleet公式サイト

車両管理システムは用途に合わせて選ぼう


車両管理システムは、企業や組織が保有する車両の運用と管理を効率的に行うためのシステムです。車両の情報を集約し、保守、点検、運転記録などの重要なデータを統合的に管理できるほか、燃料消費量や走行距離、ルートなど日々のドライバーの状況も可視化できます。

車両管理システムを導入することで、管理業務の効率化や交通事故の防止、コスト削減など多くのメリットを得られます。車両管理システムを選ぶときは、機能面や費用が自社の用途に合っているかどうかを確認しましょう。

「トラッカーズマネージャー」は、運送業務に必要な機能が網羅されています。車両の管理から運行計画の管理まで、ドライバーや管理者に役立つ機能で、業務の効率化が図れるため、ぜひ導入をご検討ください。

トラッカーズマネージャーで
業務削減・効率化を始めませんか?