トラックドライバーに向いてる人の特徴とは?必要なスキルやトラックドライバーの魅力も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トラックドライバーの主な仕事は、依頼された荷物を正確に目的地まで運ぶことです。仕事内容は長距離、中距離、短距離で異なりますが、多くの企業が歩合制を採用しており、努力次第で高収入を狙える魅力的な職業と言えます。

ただし、トラックドライバーの仕事には向き不向きがあるため、自分に適しているかどうかを事前に確認することが重要です。

そこで今回は、トラックドライバーの仕事に興味がある方のために、トラックドライバーに向いている人の特徴や必要なスキル、この仕事の魅力について解説します。

トラックドライバーに向いている人とは


トラックドライバーの仕事は、トラックを運転するだけではなく、荷物の積み込みや荷下ろしなども含まれます。特に長距離トラックドライバーは長時間の運転が必要なため、体力や運転技術も重要です。

では、どのような人がトラックドライバーに向いているのでしょうか?具体的な特徴を見ていきましょう。

長時間の運転が苦痛でない人

トラックドライバーの仕事の大部分は運転です。特に長距離トラックドライバーは長時間の運転となるため、運転が好きな人に向いています。

運転が苦手な人だとストレスが溜まりやすく、パフォーマンスが低下し、事故につながりやすい可能性があります。しかし、運転が好きで長時間のドライブも苦にならない人は、トラックドライバーの仕事を長く続けやすいでしょう。

単調な仕事が嫌ではない人

トラックドライバーの仕事は決まったルートを通ることが多く、ルーティンワークの繰り返しであることが多いです。そのため、単調な仕事が嫌いではない人は、安定したパフォーマンスを維持しやすく、効率よく仕事を進められるでしょう。

体力や腕力がある人

トラックドライバーの仕事では、体力や腕力が求められることも多いです。長時間の運転に加え、荷物の積み込みや積み降ろしを自分で行うこともあります。特に重い荷物を扱う場合、体力と腕力が必要です。体力や腕力がある人は、こうした作業を効率的にこなせるため、仕事をスムーズに進められます。

また、体力があることで長時間の運転にも耐えられ、疲労による集中力の低下や事故のリスクも減らせるでしょう。

注意力がある人

長時間運転を続けると、次第に慣れが生じ、注意力が低下しがちです。トラックドライバーは常に高い注意力が求められます。集中力を持続させ、道路状況や他の車両の動きに敏感であり、迅速に対応できることが重要です。特に長距離トラックドライバーは、長時間の運転中も注意力を維持できなければいけません。

モラルのある人

トラックドライバーには、高いモラルと一般常識も求められます。例えば、時間を守らない、挨拶をしない、荷物を乱雑に扱うといった行動は、取引先や顧客の信用を失う原因になります。時間厳守や礼儀正しい態度は、良好な人間関係を築くために欠かせません。

また、スピード違反やあおり運転など、他人に迷惑をかける行為をしないことも重要です。これらの行為は事故のリスクを高めるだけでなく、企業のイメージにも悪影響を与えます。

責任感がある人

トラックドライバーには、自分の安全だけでなく、荷物や他の道路利用者の安全を守る責任があります。特にトラックは大きく重いため、事故を起こすと大きな被害を引き起こす可能性が高いです。したがって、安全運転に対する意識が高いことが求められます。また、指定の期日や時間までに荷物を届けるという強い責任感を持てる人が向いていると言えるでしょう。

トラッカーズジョブでは、理想の職場を見つけるサポートを行っています。転勤なし、長期休暇あり、学歴不問などさまざまな条件の求人を多数取り扱っているのでぴったりの職場が見つかるでしょう。ぜひお気軽にご相談下さい。

トラッカーズジョブで求人を探してみる

 

トラックドライバーに必要なスキル


トラックドライバーには、安全運転のための集中力だけでなく、自己管理能力や顧客とのコミュニケーション能力も必要です。ここからは、トラックドライバーに必要なスキルについて解説していきます。

自己管理能力

トラックドライバーには高い自己管理能力が求められます。ほとんどの作業を単独で行うため、自身で業務スケジュールを管理しなければいけません。

例えば、配送先への到着時間を守るために出発時間を逆算し、道中の休憩や食事のタイミングも考慮する必要があります。

また、時間管理だけでなく、タスクの優先順位を明確にすることも重要です。どの荷物を先に配送するか、積み下ろしの順番などを計画し、効率的に業務を進められるスキルが求められます。

集中力の維持

長時間の運転では、常に周囲の交通状況や道路状況を把握し、適切に対応する必要があります。他の車両の動きや信号の変化、歩行者の存在など、多くの情報を瞬時に処理しなければなりません。集中力を欠くと重大な事故につながる可能性があるため、高い集中力の維持は欠かせない能力と言えます。

長時間集中力を維持するためには、運転中の適切な休憩や健康管理も必要です。自分なりの集中力を高める工夫も求められます。

コミュニケーション能力

トラックドライバーには、コミュニケーション能力も必要です。黙々と運転するだけでなく、荷主や配送先の人とコミュニケーションを取る機会が多々あります。

例えば、荷物の受け取りや引き渡しをスムーズに進めるために、ある程度のコミュニケーションスキルが必要となります。

また、明るい挨拶ができる人は相手に好印象を与えることができるでしょう。さらに、誠実な話し方ができる人は信頼を得やすくなります。

万一トラブルが発生した際には、適切な説明や謝罪ができることも重要です。

トラックドライバーの4つの魅力


トラックドライバーには、以下のような魅力があります。

・さまざまな地域に訪れることができる
・運転技術が向上しやすい
・インフラを支えている実感が持てる
・働いた分だけ収入が上がる

それぞれについて見ていきましょう。

さまざまな地域に訪れることができる

長距離トラックドライバーは、全国各地を訪れることができ、その土地ごとの風景や文化を体験できます。全国をドライブする経験は、プライベートではなかなか味わえない特別なものです。

仕事に慣れて余裕ができると、美しい景色を楽しみながら運転したり、休憩中にその地域の名所を訪れたりもできます。また、ご当地の食べ物を楽しむことも一つの楽しみとなるでしょう。

さらに、さまざまな地域を訪れることで地理的な知識や道路状況の理解が深まり、効率的なルート選びや運行計画を立てる能力が向上します。これにより、ドライバーとしてのスキルも高まります。

運転技術が向上しやすい

トラックドライバーの仕事の多くは運転であり、日々の業務を通じて自然と運転スキルが磨かれます。特に長距離トラックドライバーは運転時間が長いため、安定した運転技術を身につける実践の場が豊富です。

トラックは一般車両よりも大型で操縦が難しく、高度な運転技術が求められます。また、悪天候や交通渋滞などの困難な状況でも冷静に対処する能力が養われ、ドライバーとしての自信とスキルが向上するでしょう。

インフラを支えている実感が持てる

トラックドライバーは、社会のインフラを支えているという実感を得られる仕事です。現在、運送業界は人手不足が深刻化しており、物流は社会にとって欠かせない要素となっています。

コンビニやスーパーの品物、ネットショッピングで購入した商品など、日常生活で使われるものを消費者に届けるためには、トラックドライバーが必要不可欠です。

自分の仕事が人々の生活に役立っていると実感できることで、大きなやりがいと誇りを感じることができるでしょう。

働いた分だけ収入が上がる

多くのトラックドライバーの給料形態には、完全歩合制が採用されている場合が多く、頑張って働くほど報酬が増える仕組みです。

また、深夜手当や残業代が加算されることが多く、特に長距離トラックドライバーは夜間運行や長時間勤務が多いため、手当も充実しています。

自分の努力次第で収入がアップすることは、仕事を続ける上での大きなモチベーションとなるでしょう。

トラックドライバーは日本の物流を支える仕事


トラックドライバーの仕事には、集荷、積み込み、荷下ろしといった作業が含まれ、長時間の運転も必要です。そのため、体力や集中力が欠かせません。さらに、安全運転を続けるための注意力やモラルも重要です。

したがって、運転が苦ではない人、ルールを守りながら運転を続けられる人、体力や腕力に自信がある人がトラックドライバーに向いています。トラックドライバーになるとさまざまな地域に行くことができ、自分の頑張り次第で収入も増える魅力があるため、転職も検討してみてはいかがでしょうか。

トラッカーズジョブは、物流専門人材に特化した採用支援サービスです。勤務地や職種だけでなく、長期休暇ありなど、さまざまな条件で求人を検索できるので、トラックドライバーに興味がある人はぜひ利用してみてください。

トラッカーズジョブで求人を探してみる